読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMバーで緊縛体験談

昔からMっ気があり、意地悪や冷たい男性と付き合う事が多かったのですがセックス自体はノーマルなプレイしかした事がありませんでした。だけど緊縛されている女性の画像をパソコンで見た時にゾクゾクってしたんです。
もしかしたら自分はSMプレイをしてみたいのかもしれない。
そう思ったのですが、いきなり出会い系サイトなどでSMプレイの相手を探すのは怖いしSMクラブハプニングバーも女性が1人で行くのは不安があります。

だからSMバーなら会話やお酒を飲むのが中心で、軽いプレイなら実践で教えてくれるという情報を聞きいろいろネットでお店を調べてしました。
すると都内にあるSMバーで緊縛するための単管があるお店を見つけたので行ってみる事にしました。

料金はどれぐらいするんだろうと思ったら、女性はなんと500円で入店する事が出来ます。
それに店内に入ると自分以外にも女性客がいたので安心しました。
また料金表に男性、女性以外に女装の場合の料金も記載されていて、SM=女装というイメージはありませんでしたが倒錯的でいいなと思いました。

バーカウンダ―で女性スタッフさんと会話をしていたら、常連客だというAさんが隣に座り話しかけてきてくれました。
何でも緊縛が得意で緊縛歴は10年以上のベテランです。
私は緊縛に興味を持っている事、初めてSMバーに訪れた事などを説明すると「じゃあ今軽く試してみる?」と誘われました。

風俗店ではないのでもちろん店内で本格的なプレイは行われていません。
ですがAさんのような常連客が時々緊縛のやり方を教えるために軽くプレイを行う事があるそうです。
女性スタッフからも「Aさんなら緊縛が上手で信頼出来る人だから大丈夫」という言葉に背中を押されて緊縛にチャレンジしました。

洋服の上から縛られていく感覚はとても不思議な感じでした。
身体は束縛されていくのに、心はどんどん自由に開放されていく感じです。
縄を縛るために身体を触られるのですが、Aさんの表情は真剣でとてもエッチな事が目的のようには見えませんでした。

緊縛とは下手な人がすると身体の神経を傷めてしまうなど、下手すれば命に関わる事もあるようです。
だからこそ信頼出来る相手でなければ身を任したらダメだと言われました。
Aさんは緊縛を行っている最中も、何度も「キツくない?痛かったら言って」と優しく接してくれました。
緊縛をしてもらいやっぱり自分にはSMの性癖があった事を実感する事が出来、新しい扉が開けた気持ちです。

 

http://xn--pckb2ag4b6b1a8d6n.com/