思っていた以上に和気藹々としていたSMバー

和気藹々とした雰囲気なのがビックリのハプバー。正直クラブのように騒ぎ立ててて、言い方が悪いけど、マナーがなっていないとか狂っている人がいるようで正直怖かったんですが、全くそんなことがなくて驚きでした。

もちろん元気に楽しみたい人もいれば、端の方で静かに楽しみたい人います。

初めてで怖くて行けない人は周りの人を誘ってみたりして行くと良いですよ。

普通の生活をしていれば、到底SMバーなどと縁が出来ることはないでしょう。テレビなどで紹介されることもまずないですし、ネットなどを使うって知る、あるいは、すでにその存在を知っている人などに紹介してもらうなどしなければ、接点を持つことすら難しいのかもしれません。

そんな、接点をなかなか持つことができないものに対して、人は嫌悪感を抱いたり違和感を持ったりすることが多いと思います。
「SMバー?そんなところに行くなんて、どうかしている」と、行ったことも見たこともないのにはっきりと言い切ってしまう人も大勢いると思います。
使ったこともないのに、素敵な出会いを作っている人が多数いる出会い系サイトなどを侮蔑するのと同じですね。

でも、SMバーに関して言えば、きっと世間の人(行ったことも見たこともないけど、勝手にイメージを作り上げてしまっている人)の頭の中にあるものとは、少し違った現実がそこには広がっていることでしょう。

ぼくも行ってみて少し驚きました。どこかドロドロしていて、陰湿な雰囲気が漂っていて、殺伐とした中で痛みを伴うような行為が行われていて、とてもじゃないけどまともな神経を持った人が行くところではないのだろう、そう思っていたのですが、実態は全然違いました。

一言で言ってしまえば、和気藹々としていました。多くの人が笑っていて、とても楽しんでいる雰囲気があるんです。
ムチなどを振り回している女王様にはあまり笑顔はないですけどね。でも、椅子に座ってちょっと話を聞いてみれば、時々笑ってくれたりもします。女王様は基本キャラなんで、柔らかい表情をすることもあるんですよ、実際には。

もちろん、そのキャラ設定を非常に厳格に守っているようなお店では、なかなか笑顔は見せてくれませんけどね。
緩いSMバーも結構あって、そういうところだと楽しい雰囲気で、まさにお酒を楽しむことができるわけです。

別にSでもMでもない女性でも、もちろん男性でも、女王様に熱くないローソクを垂らしてもらってキャッキャはしゃいでもいいんです。そんなこともできます。
実際にはちょっと熱いんですけど、よほどお肌が弱くなければ火傷とかもしないんで、そこまで心配しないで大丈夫。

無理に騒ぐ必要もありません。SMバーにはいろいろなお客さんがいて、それぞれのペースでプレイを鑑賞したりお酒を飲んだり店員さんと会話をしたりしています。おとなしい性格の人でも利用しやすいと思いますよ。

少し触れておきましたけど、お店によってちょっとずつ個性が異なってきます。
異様な雰囲気で、陰湿で、まさにハードなSMプレイと言えるような行為を行うお店もあるので、全てが和気藹々としているわけではないですけど、誰でも楽しめるようなお店が多いということだけは新たな知識として持っておいてもいいのではないかなと思います。